顔のホクロのコンプレックス、克服法を経験者に聞いてみた

  • 目立つホクロがあって周囲の目が気になる
  • 顔にホクロの数が多くて、人に見られるのが恥ずかしい

ホクロに関する劣等感を持っていて、日々つらい思いを抱きながら生活している人がいます。
一方で、かつて同じようなコンプレックスを持っていたが、それを完全に克服した人も存在します。

今回、クラウドソーシングサービスを活用して劣等感の克服体験談を1000件集めました。そのなかで、ホクロに関する劣等感を克服したという体験談も多くありました。
ここではそれらを紹介していきます。

コンプレックスの原因と克服法概要

まず大前提として、こういったコンプレックスは、特定の物差し(価値観)で他人と比較することで自己肯定感が低下することが原因にあります。

  • 今回の場合、他人と顔を比べてホクロが多い、または大きい。
  • そしてそれは周囲と比べたとき、「ホクロが目立たない人が普通」という価値観において劣っている。

ではどのようにしてこういった劣等感・コンプレックスを克服できるでしょうか。

コンプレックスを克服する2つのアプローチ

コンプレックスを克服する一つ目のアプローチは、誰でも思いつくもので、

  • そのコンプレックス自体を努力やお金などの行動で解決するアプローチ

です。
たとえば今回の場合、ホクロという劣等感に対してホクロを隠したりなくすというアプローチです。

本ページの体験談では、実際にホクロのコンプレックスを克服した人の具体的な方法も知ることができます。

そしてもう一つのアプローチが、

  • コンプレックスの元となっているネガティブな物差し(価値観)を、別のポジティブな物差し(価値観)に置き換えるというものです。

このアプローチのゴール地点は「ホクロのある自分を肯定的に受け入れる」ということになります。

このような考え方や世界観の転換は「リフレーミング」と呼ばれ、カウンセリングの場でも活用されています。
そもそもこういった価値観・物差しに明確な正解など存在しないのです。それならば、自分のことを好きになれる価値観を選択・採用したほうが精神的にも良いはずなのです。

次の項目では早速、実際のホクロに関するコンプレックスの克服体験談を紹介していきますが、やはり克服のアプローチは上で説明したものが多くあります。

体験談においては「行動による克服」は赤色マーカー「価値観などの転換による克服」は青色マーカーを引きました。また、それぞれのテクニック・方法は太字で強調しました。

ホクロに関するコンプレックス克服体験談

Aさん(男性、悩んでいた時期:10代後半)

かつてどのようなコンプレックスを持っていましたか?
ホクロコンプレックスです。顔と口元にたくさんホクロがあり、人に顔を見られるのが嫌でした。
その劣等感によって、実生活でどのような影響が出たか教えてください。
人が多い所に行きたくない。人の視線が気になる。
どのようにして、その劣等感を克服しましたか? 考え方をどう変えたか、どうやって気持ちを整理したかなどを具体的に教えてください。
スーパーのレジのおばちゃんに、「口元にホクロがたくさんあるのは、一生食い扶持に困らない」「私もこことここにあるよ」と声をかけてもらってから、少しずつ前向きに考えられるようになりました。まずはホクロをいじってくる同級生には、おばちゃんと同じように言うようにして、「ホクロ占い」みたいなことも調べて、周りの人に共有していくことで、ホクロのコンプレックスは最終的には完全になくなりました。
劣等感を払拭するのに役立った本(書籍名)や周囲のアドバイス(言われた内容)などがあれば教えてください。
スーパーのレジのおばちゃんから言われた言葉「口元にホクロがたくさんあるのは、一生食い扶持に困らない」「私もこことここにあるよ」
今となっては当時の劣等感をどのように考えていますか?
生まれ持ったものだから、ホクロがたくさん顔にあってもしかたがない。むしろ一生付き合っていくものだから個性として捉えるべきだと思っています。
当時の自分に言葉をかけられるとしたら、どのような言葉をかけたいですか?
スーパーのおばちゃんと同じ言葉をかけてあげたいと思います。

Bさん(女性)

かつてどのようなコンプレックスを持っていましたか?
口元の大きなホクロに外見的なコンプレックスを持っていました。
その劣等感によって、実生活でどのような影響が出たか教えてください。
いつも写真写りが悪く、友人などと写真を撮ったり、証明写真を取ることが嫌でした。
どのようにして、その劣等感を克服しましたか? 考え方をどう変えたか、どうやって気持ちを整理したかなどを具体的に教えてください。
社会人になり、高度なレザー技術を使った整形美容外科で施術を行いました。比較的に容易に取れ、その後違和感のない状態になったので、気にしていたほど楽に劣等感がなくなりました。
今となっては当時の劣等感をどのように考えていますか?
小さな悩みで、大人になればすぐに消せる劣等感もあるのだと気分的な成長を感じました。
当時の自分に言葉をかけられるとしたら、どのような言葉をかけたいですか?
あまり気にすることでない。

Cさん(女性)

かつてどのようなコンプレックスを持っていましたか?
顔のホクロが多いことにコンプレックスを持っていました。
その劣等感によって、実生活でどのような影響が出たか教えてください。
人と面と向かって目を合わせられず、友人や彼との距離を中々縮められませんでした。
人前で話すのも緊張してしまい、職場では裏方の仕事ばかり、発表の場があると誰かに任せてしまい、後から自分でやったことなのに他の人が評価されて残念な気持ちになっていました。
どのようにして、その劣等感を克服しましたか? 考え方をどう変えたか、どうやって気持ちを整理したかなどを具体的に教えてください。
毎日、笑顔で挨拶の練習をしました。最初は犬の散歩をしている人から始めて、今では誰とでも面と向かって挨拶できるようになりました。
劣等感を払拭するのに役立った本(書籍名)や周囲のアドバイス(言われた内容)などがあれば教えてください。
星野源のラジオ番組で、イケメンにはなれなくても、良いことを言い続けている人の顔は、誰もが良い顔だと思うようになる。と聞き、良い顔だと思われたいと思いました。
今となっては当時の劣等感をどのように考えていますか?
当時は自分のことばかり考えていて、ホクロというとても小さなことに気を取られていました。視野が狭かったのだと考えています。
当時の自分に言葉をかけられるとしたら、どのような言葉をかけたいですか?
ホクロが気になるのは仕方ないけれど、人のイメージを決めるのはホクロではなく笑顔で挨拶!と伝えたいです。

Dさん(女性、悩んでいた時期:12歳ごろ)

かつてどのようなコンプレックスを持っていましたか?
顔にだけホクロの数が多く、周りからどのように見られているか気になっていました。
どのようにして、その劣等感を克服しましたか? 考え方をどう変えたか、どうやって気持ちを整理したかなどを具体的に教えてください。
大学生になって、メイクをしてから変わりました。ホクロって施術でなくてもコンシーラーで消えるんだ!と。
今となっては当時の劣等感をどのように考えていますか?
実はホクロについて人から言われたことって小学生の時の1回しかなかったから、自分が過剰に反応していただけなのかなと思います。
当時の自分に言葉をかけられるとしたら、どのような言葉をかけたいですか?
そのホクロ、誰か気にしてる?

Eさん(女性、悩んでいた時期:12歳ごろ)

かつてどのようなコンプレックスを持っていましたか?
鼻の下に鼻くそのような大きい黒いほくろがありとても恥ずかしかったです。
その劣等感によって、実生活でどのような影響が出たか教えてください。
積極的に人と交流できず大人しかったです。
どのようにして、その劣等感を克服しましたか? 考え方をどう変えたか、どうやって気持ちを整理したかなどを具体的に教えてください。
20代前半の時に美容整形にてほくろの除去を行いました。ほくろがなくなると自分に自信が持て明るい気持ちになったのです。
劣等感を払拭するのに役立った周囲のアドバイス(言われた内容)などがあれば教えてください。
職場の先輩に「ほくろなんてかんたんに取れるんだから早く手術しちゃいなよ~」と明るく言われたのがきっかけです。
今となっては当時の劣等感をどのように考えていますか?
今となってはそこまで気にしなくても…とも思えますが当時思春期まっただ中の自分には生きるか死ぬかというほどのコンプレックスだったのです。
当時の自分に言葉をかけられるとしたら、どのような言葉をかけたいですか?
早く手術しちゃいなよ!絶対にすっきりするよ!という声かけです。

Fさん(女性、悩んでいた時期:物心ついたときから10代終盤まで)

かつてどのようなコンプレックスを持っていましたか?
右の頬に大きめのほくろが生まれつきあり、物心がついたときから気にしていました。
その劣等感によって、実生活でどのような影響が出たか教えてください。
自分の顔に自信が持てず、恋愛には消極的でした。ほくろを消したくて、爪で引っ掻いてえぐったりして傷付いてかさぶたになって余計に目立ってしまったこともありました。あとは、髪をボブにしたり、長くしておろしたりして少しでも隠れるように頑張っていました。(隠れないのですが……)
どのようにして、その劣等感を克服しましたか? 考え方をどう変えたか、どうやって気持ちを整理したかなどを具体的に教えてください。
私自身はほくろを気にしていた頃から何も変わっていなかったのですが、大学生になった頃に突然モテ期がやってきたのか告白をされたり恋人ができるようになり、「こんなほくろがあっても私のことを好きだと思ってくれる人がいるんだなぁ」と徐々にほくろのことを気にしなくなりました。その後、結婚をしてからは異性に興味がなくなったこともあり、全く気にしなくなりました。笑
劣等感を払拭するのに役立った本(書籍名)や周囲のアドバイス(言われた内容)などがあれば教えてください。
現旦那の言葉で、「こっち側にはほくろがあるんだなぁ。声もかわいいんだなぁ。って後ろの席からずっと見ていた」と付き合う前に私のことを気にしてくれていた話をしてくれた時に、ほくろのことをこの人は悪く捉えていないのだなと気付き、劣等感が和らぎました。
今となっては当時の劣等感をどのように考えていますか?
自分の中では相当なコンプレックスで、母も気にして整形外科に連れて行ったりしてくれましたが顔であること、痕が残ってしまうことから手術は諦めました。それでも無意識に自分の爪で傷つけてしまうほど、当時は本当にこのほくろが大嫌いで「このほくろさえなければ……」といつも悪いことは何でもほくろのせいにしていました。でも、今となって思えば、ほくろがあっても友達もでき、恋愛もでき、結婚もでき、就職もでき、ほくろのせいでできなかったことは何もなかったなと思います。そのことに気付くことができたので、ほくろを無理をして手術で取らずにいて良かったな、とも今では思っています。
当時の自分に言葉をかけられるとしたら、どのような言葉をかけたいですか?
そんなに悲観的にならないで。今あなたがほくろのせいだと思っていることは、ほくろのせいではないかも知れないよ?あなたの大きなほくろを嫌だと嫌う人もいるかも知れないけれど、全く気にしないであなたのことを好きになってくれる人もいっぱいいるんだよ。ほくろがあったって大丈夫!

まとめ:ホクロのコンプレックスを克服するには

最後に、ホクロのコンプレックス克服の体験談を踏まえ、「ホクロを克服する方法」と「ホクロをコンプレックスではなくポジティブな強みだと考えられる方法」をまとめます。

ホクロを克服する方法・コツ
  • ホクロの除去手術を行なう
  • ホクロの除去をするのではなく、メイク時にコンシーラーで消す
ホクロを劣等感ではなく肯定的に捉える考え方・コツ
  • 自分のほくろのことを周囲はそれほど関心がないことに気付く
  • 「人のイメージを決めるのはホクロではなく笑顔とあいさつ」「良いことを言い続けている人の顔は誰もが良い顔だと思うようになる」といったような発想を転換してくれる言葉を心に刻む
  • ホクロに関する古くからのポジティブな言い伝えについても気づいておく

以上がホクロの劣等感克服の体験談と方法論になります。
心の整理には時間がかかるかもしれませんが、少しでもお役に立てればうれしいです。