「目つきが悪い」コンプレックスを克服した人の体験談

  • 目が鋭いので、怒っていると勘違いされる
  • 目が合っただけでにらまれたと誤解される

目つきに関する劣等感を持っていて、日々つらい思いを抱きながら生活している人がいます。
一方で、かつて同じようなコンプレックスを持っていたが、それを完全に克服した人も存在します。

今回、クラウドソーシングサービスを活用して劣等感の克服体験談を1000件集めました。そのなかで、目つきが鋭いことに関する劣等感を克服したという体験談も多くありました。
ここではそれらを紹介していきます。

コンプレックスの原因と克服法概要

まず大前提として、こういったコンプレックスは、特定の物差し(価値観)で他人と比較することで自己肯定感が低下することが原因にあります。

  • 今回の場合、他人と目を比べてきつい。
  • そしてそれは周囲と比べたとき、「優しい目の人のほうが良い」という価値観において劣っている。

ではどのようにしてこういった劣等感・コンプレックスを克服できるでしょうか。

コンプレックスを克服する2つのアプローチ

コンプレックスを克服する一つ目のアプローチは、誰でも思いつくもので、

  • そのコンプレックス自体を努力やお金などの行動で解決するアプローチ

です。
たとえば今回の場合、鋭い目つきという劣等感に対して、化粧や整形手術を行なうというアプローチです。もちろん、この方法のゴール地点は「鋭い目つきではなくなること」です。

本ページの体験談では、実際に目つきが悪いというコンプレックスを克服した人の具体的な方法も知ることができます。

そしてもう一つのアプローチが、

  • コンプレックスの元となっているネガティブな物差し(価値観)を、別のポジティブな物差し(価値観)に置き換えるというものです。

今回の場合、あくまで一例ですが以下のような思考プロセスを行なうことになります。

「目つきが悪いという劣等感を持っている」
 ↓
「これは、目つきが悪いという価値観が元になっているからである」
 ↓
「しかし、別の価値観では、むしろこれは長所なのではないだろうか?」
「たとえば、人に誤解されないよう内面を磨こうという考え方ができるようになれば、むしろこれは他人にはない、自分にとっての強みになるのではないか」

このアプローチのゴール地点は「目つきがきつい自分を肯定的に受け入れる」ということになります。

このような考え方や世界観の転換は「リフレーミング」と呼ばれ、カウンセリングの場でも活用されています。
そもそもこういった価値観・物差しに明確な正解など存在しないのです。それならば、自分のことを好きになれる価値観を選択・採用したほうが精神的にも良いはずなのです。

次の項目では早速、実際の「目つきが悪い」ことへのコンプレックスの克服体験談を紹介していきますが、やはり克服のアプローチは上で説明したものが多くあります。

体験談においては「行動による克服」は赤色マーカー「価値観などの転換による克服」は青色マーカーを引きました。また、それぞれのテクニック・方法は太字で強調しました。

目がきついことへのコンプレックスの克服体験談

Aさん(女性、悩んでいた時期:10代後半)

かつてどのようなコンプレックスを持っていましたか?
目が一重なので、他の人と比べると目つきが悪く、怖がられる事が多かった事です。
その劣等感によって、実生活でどのような影響が出たか教えてください。
当時、学生の頃だったのでからかわれる事が多かったです。
どのようにして、その劣等感を克服しましたか? 考え方をどう変えたか、どうやって気持ちを整理したかなどを具体的に教えてください。
私は、整形をしました。自分の顔の事なので、不安はありましたが、その一つで人生が変わるのであれば、その方が楽でした。
今となっては当時の劣等感をどのように考えていますか?
やはり、顔は大事だと思います。若いころは特にセンシティブな問題だと思います。
可愛くなれる努力はできたかなと思っています。
当時の自分に言葉をかけられるとしたら、どのような言葉をかけたいですか?
これからの人生、自分で働くようになって楽しいこともあるから、学生時代がすべてではないよ。

Bさん(女性、悩んでいた時期:10代後半)

かつてどのようなコンプレックスを持っていましたか?
目が一重で腫れぼったく、目つきが悪いことがコンプレックスでした。
その劣等感によって、実生活でどのような影響が出たか教えてください。
アイプチで二重を作っており、それがばれたときにいじめられたような感覚になりました。
どのようにして、その劣等感を克服しましたか? 考え方をどう変えたか、どうやって気持ちを整理したかなどを具体的に教えてください。
二重まぶたの整形をしました。自らの体を傷つけるという感覚を捨てて、自分の作業の短縮のためと考えることでポジティブに整形を受け入れられるようになりました。
今となっては当時の劣等感をどのように考えていますか?
今となってはもとの顔だったとしても良さを引き出せたはずだと考えられます。
当時の自分に言葉をかけられるとしたら、どのような言葉をかけたいですか?
自分のやりたいようにやれば納得のいく結果となっているはずです。自分に素直になってください。

Cさん(女性、悩んでいた時期:10代~30代前半)

かつてどのようなコンプレックスを持っていましたか?
私は、小さい頃から目が一重で、キツイくて暗い印象を持たれていました。
その劣等感によって、実生活でどのような影響が出たか教えてください。
自分ではどうしようもないないのに、目つきが悪く、更に目が悪くなってしまった為、益々目つきが悪くなり、仲良くなった友達がフランス人形みたいに可愛くて、目がくりくりしていて、かなりモテていたので、友達の事が好きなのに、友達により余計に自分自身にコンプレックスを抱えてしまい、消極的になってしまった。
どのようにして、その劣等感を克服しましたか? 考え方をどう変えたか、どうやって気持ちを整理したかなどを具体的に教えてください。
社会人になりアイプチが出始めて、アイテープやアイプチを頑張りました。
それを10年程続けていくうちに、アイプチをするラインに線ができてきて、また年齢による目のくぼみが幸いしてアイプチをしなくても二重になりました
今は、アイプチしなくてもアイメイクを楽しめるようになり、目に対するコンプレックスは無くなりました。
今となっては当時の劣等感をどのように考えていますか?
他人からすれば、全く大した事ない悩みだとは思います。
当時の自分に言葉をかけられるとしたら、どのような言葉をかけたいですか?
今はアイプチという便利なアイテムがあり、みんな使ってるよ!気にしなくていいよ!

Dさん(女性、悩んでいた時期:10代半ば~後半)

かつてどのようなコンプレックスを持っていましたか?
目が一重でまぶたが重く、目つきが悪かったので周囲から睨んでいるとよく言われたこと。
その劣等感によって、実生活でどのような影響が出たか教えてください。
化粧でごまかそうとすることにより毎朝時間がかかり寝不足だったこと。また、化粧を落としたくないのでお泊まりで化粧をしたまま寝たり、衛生的にも良くなかったです。
どのようにして、その劣等感を克服しましたか? 考え方をどう変えたか、どうやって気持ちを整理したかなどを具体的に教えてください。
埋没法で二重整形をしました。あからさまに周囲にバレる程でしたが、「睨まれている」とヒソヒソ言われていた頃よりは、変わって自信を持てた姿にヒソヒソ言われる方が数倍マシだと思い全く気にかけることはありませんでした。
劣等感を払拭するのに役立った周囲のアドバイス(言われた内容)などがあれば教えてください。
当時お世話になっていた社長さんに、「自信は持て、過信はするな。自信が持てない時はどんな方法でも努力をしなさい」と言われたことが私の背中を押し、自信がないなら変わる努力をしようと決意に至りました。
今となっては当時の劣等感をどのように考えていますか?
克服の手段が「整形」ではあれど、変わったことで自信を持ち、性格も格段に明るくなりました。明るくなったことで人生の転機もたくさん訪れました。当時の劣等感もたった数万円にかける勇気で無かったことのようになるなら、もっと早く知って入ればよかったなと思います。
当時の自分に言葉をかけられるとしたら、どのような言葉をかけたいですか?
変わりたいと願うばかりでは変わらないから、行動を起こしなさい。と声をかけたいです。そうすれば必ず変われるし、「自分はここまでやったんだ」という自信が少なからず前向きになる1つのきっかけになると思います。

Eさん(女性、悩んでいた時期:20代)

かつてどのようなコンプレックスを持っていましたか?
両目が一重で、何もしていないのによく「睨まれた」と誤解されることに悩んでいました。
その劣等感によって、実生活でどのような影響が出たか教えてください。
自分にとにかく自信がなかった。
どのようにして、その劣等感を克服しましたか? 考え方をどう変えたか、どうやって気持ちを整理したかなどを具体的に教えてください。
一重まぶたがとても嫌だったので、アイプチをしていました。
私の転機は、今の旦那と出会ったことです。整形をしたいと伝えたら、それで気持ちが楽になるならとOKしてもらえたことで、整形をすることにしました。
劣等感を払拭するのに役立った周囲のアドバイス(言われた内容)などがあれば教えてください。
旦那の存在です。
今となっては当時の劣等感をどのように考えていますか?
あんなに悩んでいたのだから、整形をしてよかったなと思います。
当時の自分に言葉をかけられるとしたら、どのような言葉をかけたいですか?
整形をしてきれいになろう!!自分に自信が持てるようになるよ!

Fさん(男性、悩んでいた時期:20代前半)

かつてどのようなコンプレックスを持っていましたか?
目が一重で切れ長、周りから目つきが悪いと言われていた。
どのようにして、その劣等感を克服しましたか? 考え方をどう変えたか、どうやって気持ちを整理したかなどを具体的に教えてください。
克服というよりも、年を重ねるごとに勝手に二重になりました。
当時は目が一重なだけで印象が全然違ったので嫌でしたが(特に片目が一重で片目が二重の時期)線が付くように、指で触ってました。
劣等感を払拭するのに役立った本(書籍名)や周囲のアドバイス(言われた内容)などがあれば教えてください。
ネットで二重にする方法など見ていました。
今となっては当時の劣等感をどのように考えていますか?
当時はコンプレックスで未だに二重になっていなければ、気にしていると思います。
当時の自分に言葉をかけられるとしたら、どのような言葉をかけたいですか?
頑張れば二重にできるからあきらめず頑張りなさい。

Gさん(男性、悩んでいた時期:10代)

かつてどのようなコンプレックスを持っていましたか?
産まれつき目が一重でしたが、目が悪いという事もあり人を睨むような格好になり、怖いと言われていました。
その劣等感によって、実生活でどのような影響が出たか教えてください。
怖いと言われるだけなら問題ありませんが、人が寄って来なかったり、逆に絡まれたりという事が一番嫌でした。
どのようにして、その劣等感を克服しましたか? 考え方をどう変えたか、どうやって気持ちを整理したかなどを具体的に教えてください。
あまりニコニコしないことも、怖くみられることに拍車をかけていたようですので、少しは愛想よく見られるように、穏やかな表情を作るように努めていました
劣等感を払拭するのに役立った周囲のアドバイス(言われた内容)などがあれば教えてください。
友人に、目つきが悪くてケンカを売られるのは得じゃないよ、と言われたのがきっかけです。
今となっては当時の劣等感をどのように考えていますか?
もっと早くから表情を作る努力をしておけばよかったと後悔しました。ただ、使い分けが出来るようになったことで、普段は人当たりのいい表情をしておき、本当に嫌な相手には目つきを悪くすることで、余計に怖がられ、以後近寄って来ないと言う副産物も生まれましたが。
当時の自分に言葉をかけられるとしたら、どのような言葉をかけたいですか?
気持ちが小さかったため、何も言えないでいましたが、よくするために出来ることを考えて実行すべきですね。

Hさん(女性、悩んでいた時期:10代後半)

かつてどのようなコンプレックスを持っていましたか?
目が釣り上がってキツくて、口が大きくて口角が下がっていて怒っているような顔だったので、自分の顔が嫌いでした
その劣等感によって、実生活でどのような影響が出たか教えてください。
中学生の多感な時期、周りはみんな彼氏ができたのに私だけ居なかったり、私がスカートを履くとからかわれたりしました。
どのようにして、その劣等感を克服しましたか? 考え方をどう変えたか、どうやって気持ちを整理したかなどを具体的に教えてください。
高校生にあがり、お化粧やファッションに目覚め、女性はかわれるんだと思いました。
今となっては当時の劣等感をどのように考えていますか?
子供から大人になる時期は仕方のないことでした。
当時の自分に言葉をかけられるとしたら、どのような言葉をかけたいですか?
大人になれば楽しい人生が待ってるよ!

Iさん(女性、悩んでいた時期:10代後半~20代前半)

かつてどのようなコンプレックスを持っていましたか?
目がつり目で鋭く、人相が悪く見えてしまっていたことです。
その劣等感によって、実生活でどのような影響が出たか教えてください。
人に外見だけで「怖い」など判断されていました。
どのようにして、その劣等感を克服しましたか? 考え方をどう変えたか、どうやって気持ちを整理したかなどを具体的に教えてください。
整形手術を受けました。ぱっちり二重になり周りからも「可愛くなった」と言われるようになりました。
今となっては当時の劣等感をどのように考えていますか?
消したい過去です。
当時の自分に言葉をかけられるとしたら、どのような言葉をかけたいですか?
整形手術は逃げではなく生まれ変わる手段。

まとめ:目がきついというコンプレックスを克服するには

最後に、目がきついというコンプレックス克服の体験談を踏まえ、「克服する方法」と「コンプレックスではなくポジティブな強みだと考えられる方法」をまとめます。

目がきついというコンプレックスを克服する方法・コツ
  • アイテープやアイプチの活用
  • よほど気になるのであれば整形手術も視野に
  • 愛想良く見られるような表情の作り方を覚える
目がきついことを劣等感ではなく肯定的に捉える考え方・コツ
  • コンプレックスを持っていたからこそ自分を変える勇気や我慢強い性格を持つことができた。その努力は未来にも活きてくると考える
  • 嫌な相手がいたときに目つきを意識的に悪くすることで余計に怖がらせることもできる

以上が目がきついことへの劣等感克服の体験談と方法論になります。
心の整理には時間がかかるかもしれませんが、少しでもお役に立てればうれしいです。